丹波山村(日本一)ローラーすべり台

当Rivendale Horse Clubは山梨県小菅村で、お隣の丹波山村は当施設から車で20分のところにあります。

甲州よりの村で、人口は550人ほど。(小菅村は人口700人)お隣村同士。

そこには丹波山のお城(夜にライトアップするよ)があり、お城から247mの長~いローラーすべり台が設置されています。バブル時代に3日ほど『日本一』の長さだったそうです!

丹波山村村営ローラーすべり台 ホームページ

https://www.vill.tabayama.yamanashi.jp/kanko/suberidai.html

先日、私の夫のお仕事のお手伝いで数日間、行ってきました。(横田基地からもお客様が来ていました~)

以前、私の故郷の横須賀から子連れの友人が遊びに来た時に、皆で遊びにいき、楽しい時間を過ごさせていただきましたよ~!

ローラーすべり台の入り口の横に「うまや食堂」というお食事処もあるので、ランチにも困ることなし!

お城は実は展望台になっていて、(扉を開けるときには虫に注意)

こんな景色が見られます!丹波山村一望~!

写真がブレてる~;

ゆっくりできる日差し除けのベンチも在ります

訪れた著名人のサインも沢山飾ってあります

利用料金:子ども200円・おとな400円(団体割あり)

 

ローラーすべり台キーパーの楳沢さんは、お客様が安全に楽しめるよう工夫したり、滑り台が感じられるスタッフさん。お客様の滑り台での思い出、そして今年も沢山の人に遊んでいってもらいたいな、とお話を始めると、さすが、このアクティビティに長年お一人でスタッフをされているだけあって、面白い話を聞かせてくださいました。毎年、訪れてくれる都内の小中学校の団体さんに会って成長を見ることを楽しみにしていたり、海外にいたこともあり、馬文化に触れた経験も。当施設の馬、夢ちゃんのことも気にしてくださったり、馬を扱う人の目線で話をしてくれました。滑り台と一言に言っても、乗馬と同じで、楽しむためには、気を付けなければならないことや、安全のためにお客様にご協力いただくこともあります。滑り台と乗馬は、自然の中で子どもも大人も楽しめるアクティビティ同士、共通点や大切にしていることも一致しているところがあり、新たな発見をした気分で、嬉しさも感じました。

小菅村と丹波山村の「名物」として皆さまに楽しんでいただけたら嬉しいです!

みんなで一緒に滑りに行こう☆彡

これから私も月に1度は訪問します♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事